The Bell of Elm Symphony Orchestra エルムの鐘交響楽団

これまでお世話になった先生方

指揮者

ソリスト/トレーナー


藤原浜雄 Hamao FUJIWARA (Violin)

3歳より旧東京音楽学校出身の母にヴァイオリンの手ほどきを受ける。
その後、桐朋学園音楽科にて 鷲見三郎、江藤俊哉、海野義雄、齋藤秀雄の各氏に、またアメリカのジュリアード音楽院にてジョーゼフ・フックス氏に師事。桐朋学園在学中、指揮を齋藤秀雄及び秋山和慶の両氏に師事。NHK・毎日新聞社共催の第16回全日本学生音楽コンクール中学の部、第36回日本音楽コンクール各第1位。1968年イタリアのパガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール第2位、1971年ベルギーのエリザベート王妃国際コンクール第3位銀賞を受賞(いずれも当時の日本人最高位)。ジュリアード音楽院留学以来20年以上にわたってアメリカに居を構え、ソロ、室内楽その他多方面において活躍。なかでも、1971年昭和天皇・皇后両陛下ご訪欧の際のベルギー政府主催歓迎演奏会での御前演奏、1972年アメリカ ロチェスター・フィルハーモニー定期演奏会で、20世紀屈指の名手ナタン・ミルシテインの代役としてのアメリカでのコンチェルト・デビューは特筆に価する。同時にジュリアード音楽院、マンハッタン音楽院で教鞭を執り、ミシガン大学音楽学部では准教授を務める。1992年11月より2012年3月まで、読売日本交響楽団ソロ・コンサートマスターを務めた。1993年4月より、桐朋学園大学院大学教授、研究科長。ならびに東京音楽大学客員教授。


林 憲秀 Norihide Hayashi (Oboe& English Horn)

桐朋高校在学中よりオーボエを本間正史氏に師事。桐朋音大入学後に渡米。ニューヨーク・マンハッタン音楽学校を卒業後、ニューヨーク州立大学にてオーボエをロバート・ボッティ氏に師事し、同校の修士課程修了の際、アルビン・ブレム賞を授与された。同年、パーチェース交響楽団の定期演奏会にて協奏曲デビューを飾り、パーチェース現代音楽アンサンブルの指揮者としても活動した。
その後も、ニューヨーク・フィルハーモニックのエキストラ等として活躍しながら、ニューヨーク州立大ストーニーブルック校博士課程にて研鑽を積み、助手として後進の指導、学内の仕事にも従事した。その間、同校オーケストラの指揮者グズタフ・マイヤー氏のアシスタントを務めた。 また、メキシコ州立交響楽団の首席オーボエ奏者としても活躍し、メキシコ・サカテカス音楽祭にソリストとして招聘された。 帰国後はアンサンブル・ノマドや東京室内管弦楽団の他、国内オーケストラやアンサンブルへ客演し、テレビ、ラジオ、映画等の録音にも多数参加している。また、アマチュアや学生オーケストラの指導者としても活動している。

inserted by FC2 system